荻原次晴、兄 健司の存在を乗り越えた、今現在の活躍とは?

荻原次晴さんといえば、1998年長野冬季オリンピックに、双子の兄、健司さんと共に
スキーノルディック複合の日本代表選手で、一気に知名度が上がった選手。

現在はスポーツキャスターとしてバラエティなども出演されています。

荻原次晴さんの経歴

1969年12月20日生まれ。元スキーノルディック複合元選手であり、
1995年ノルディックスキー世界選手権団体戦金メダリスト、
上記に記載したとおり、長野オリンピック日本代表選手です。
現在は、スポーツキャスター、コメンテーター、などのタレント活動をされています。スポーツビズ所属。
また、私生活ではすでに14歳年下の一般女性と結婚され、3人のお子さんもいらっしゃいます。

兄の健司さんは1992年アルベールビル・1994年リレハンメル両冬季五輪・ノルディック複合団体2大会連続金メダリストで、知名度も抜群。

以前、次晴さんが「しくじり先生」に出演された際に、
兄の健司さんの活躍の影に隠れてしまい、比較すらされなくなってしまったことを明かされました。

健司さんと比較すらされず、
顔が似ているがゆえに、偽者扱いまでされ、地獄のような日々を送ってらっしゃったようです。

兄弟というのは有名人でなくとも、色々と比較されて、片方が辛い思いをするというのは
良くある話です。その差が大きければ大きいほど、比較すらされず屈辱的な思いを
することもあると思います。

実際、お互いがお互いを意識するがために、傷ついたり距離を置いたり。
良い方向に行けば切磋琢磨されてますが、常日頃から目の前にライバルがいると
片方どちらかが逃げてしまい、別の道を歩むのはある意味当然かも知れません。

それでも、ブランクがあるにも関わらず一度逃げたスキーの道を再度志し、
長野オリンピックの出場を果たしたというのは、相当な努力と意地で掴み取った栄光だと思います。

荻原次晴さんの現在と今後

現在スポーツキャスターやタレント活動をされている次晴さんですが、
なんと、東京テレビ系列で来月の平昌冬季オリンピックのフィールドキャスターに
選ばれました。

実は彼、冬季オリンピックでは5大会連続民法キャスターに選出されています。
すごいですね。健司さんとはまた違った形でオリンピックに携わってらっしゃってます。

  コトバンク より

また、本来だったら逃げたくなる存在の兄を、逆に支える立場に。
「荻原健司 栄光と苦悩」(文春ネスコ)という書籍まで発行されています。

一度は逃げたスキーの世界に復帰し、またキャスターとして別の角度で関われるというのは
とても幸せなことだと思いますが、もちろんその影には、周りからの視線、屈辱に耐え、血のにじむ努力の結果に他ならないと思います。

今は、あらたに 次晴「登山部」という日本100名山登頂チャレンジをされ、
新境地に挑戦されてます。

メディアで拝見することも多くなってきますのでこれからのご活躍も楽しみですね。

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする