5時に夢中!でおなじみ岩井志麻子は何物?【有吉反省会】

こんにちは。桜です。

TOKYO MXで放送されている「5時に夢中!」をご存知ですか?
木曜日のコメンテーターの、岩井志麻子さんは、抱腹絶倒に面白いです。

5時に夢中!は毎日コメンテーターが代わる上、
そもそも平日5時にテレビなんて普通のサラリーマンが見れるはずもなく、
私もなぜ知っているのかかなり疑問。
きっと、本当にたまたま見た番組が、インパクト絶大だったんだろうなと思います。

岩井志麻子さんってどんな人?

全身ヒョウがらタイツをはいて、口を開けば下ネタオンパレード。
岩井さんは自らのことを

瀬戸内の黒あわび

と言ってます。なかなか洒落た下ネタです。テレビでも普通に放映されてます。

座右の銘は

やれない美人よりやれるブス

こんな人が夕方5時とか比較的子供でも見るような時間帯に出演されてるんだから、
やっぱり下ネタの中にも洒落があって、ぎりぎりOKなのかも知れないですね。

いや、単に生放送だから、消せないだけなんでしょうけど(笑)

1982年 高校在学中に 小説ジュニア短編小説新人賞 佳作入選
1986年 少女小説「夢みるうさぎとポリスボーイ」で作家デビューされてます。
1999年 「ぼっけえ、きょうてえ」で日本ホラー小説大賞を受賞

小説家、ホラー作家として活躍されている岩井さんがなぜ下ネタ満載のコメンテーター
さらに、AV監督までされるようになったのでしょう。

岩井志麻子さんはなぜ、超ド級の下ネタ好きになったのか?

実は、これには理由があったようです。
子供の頃にあったいじめによって、その時に
「この子、面白いじゃない」
といってもらえるように、編み出した話術が、「下ネタ」と「怖い話」だったようです。

いじめにあわないようにするにはどうすればいいか、自分を守るためのスキル(?)だったんですね。

スポンサードリンク
更に、ヒョウ柄衣装に関しては、

ヒョウ柄を着ているスケベなおばちゃん

として子ども達に人気物になるためだとか。

まあ、確実に男の子には人気者になるでしょうね。なんだかんだで子供も下ネタ大好きですからね。

小説家ということで文才もあり、一つ一つの返しに、面白いながらもちょっと感心してしまう
コメントに人気の秘密があるんですね。

5時に夢中!は東京ローカルですが、有吉反省会は全国放送(だと思う)
1月6日23時から。
とても楽しみです。

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする