ミスインターナショナル2018 現役東大生 杉本雛乃が東進 林先生に激怒【初耳学】

こんにちは。桜です。

最近の綺麗な人って、綺麗だけではなく頭もいいんですねー。
今回は天は二物も三物も与えてしまって本当にうらやましいという人をご紹介します。

ミス・インターナショナル2018日本代表 で現役東大生、東進ハイスクール林先生の教え子だった、杉本雛乃さんです。

杉本雛乃さんってどんな人

出身地は兵庫県神戸市。生まれてすぐに東京に移り、小学校5年生で神戸に戻ってきたようです。
東京大学工学部物理工学科3年生
趣味はキックボクシング、ウォーキングなどでプロポーションを保ってらっしゃいます。

大学2年生の時にサークルの友人に頼まれてたまたま出演した
「キャンパスコレクション2016」で ミス・インターナショナル2010日本代表の
金ヶ江悦子さんにお会いして、内面から出る美を知り、悦子さんにあこがれて、ミスインターナショナルへの
挑戦を決めたようです。
また、最終選考に選ばれれば、ウォーキングやメイクだけでなく内面を磨くセルフマネジメント講座を受けられ
必ず自身の将来にプラスになると思ったのも、挑戦の決め手だそうです。

杉本さんと林先生とのつながりとは

杉本さんは高校時代、東進ハイスクールの生徒だったようです。
また、そこで林先生の授業は毎週のように受けたらっしゃったとのことです。

現役東大生である彼女を影で支えてたのが林先生だったんですね。

スポンサードリンク

その林先生、やはり生徒に少しでも親しみを持ってもらうため、また授業が退屈にならないように地方に言った際は、必ず町を歩いてネタ探しをされているようです。

まるで、地方営業している芸人みたいですね。

そこで、授業中にウケを狙おうといった言葉が

関西の女の子ってかわいい子いないよね?

だったようです。

当時男子生徒が多かった教室ではウケたらしいですが一部の女子には失笑。

というか、よく失笑で済みましたよね。

他の地方で言ったのならともかく、関西でよく言いましたよね。その場にいたらちょっと冷や汗です。
いくらウケ狙いとはいえ、ひどい。

そりゃ、ミス・インターナショナルも怒りますよね。

とはいえ、実際に綺麗な人も結構いる関西。

日本代表というより関西代表としてぜひ世界に羽ばたいて欲しいですね。

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする