妊活の末、保田圭が男子出産 産後は実家で ブログに批判殺到

こんにちは、桜です。
保田圭さんが、1月7日に第一子を出産し現在は実家に里帰りをされている
というニュースが出ていました。

本当におめでとうございます。

「保田圭」の画像検索結果

なかなか子宝に恵まれず、妊活の内容などをブログに掲載されていたのですが、
妊娠が分かったとたんに非難が殺到したという悲しいニュースも同時にみて
考えさせられるものがありました。

妊娠するとなぜ非難されるのか

一つは「保田圭」というキャラクターのせいだと思います。
モー娘。のメンバーの中でも、端で踊っているだけで特に目立たない存在だった保田さん。

それを逆手にとって、いじられキャラに徹して人気を得るようになりました。
アイドルグループで、いじられキャラとか不細工キャラというのはご法度なのにも関わらず
自らそれを武器にしていたのです。

スポンサードリンク

当然、視聴者からも色々と意見(というか批判)もしやすいキャラクターになってしまった保田さん。
ちょっとしたことでも非難されてしまうのはどうしてもこのキャラクターであるためだと思ってしまいます。

ブログには苦情と非難が殺到

12月に、産休に入るというブログが掲載されたとたんに嫌味なコメントが

「たいした仕事もないでしょうが。言わなくても大丈夫ですよ。頑張って元気なお子さん産んでください」
「ずっと赤ちゃんとの時間に専念してくれても大丈夫ですよー」
「産休に入ると宣言するほど仕事してたんかな?妊娠ブログしかネタないのに?」
「そのまま引退しても差し支えないですよ。ずーっと愛しのベビちゃんと一緒にいてあげてください」

なんだかひどいですよね。
ひどいですが、なぜこんな風に言われてしまうのでしょう。

今まで彼女は、妊活の辛さなどをブログに掲載して、同じ状況で苦しんでいる方に寄り添って
いろんな情報を掲載したりしていました。

読者の方からしてみれば、ひとつのよりどころとして、同じようなことをやってみたり、
悩みを掲載したりしていたのかもしれません。

既によりどころとなってしまったブログに対して

「私、妊娠・出産するので、この情報はこれにて終了」

みたいな事をして、読者をバッサリ切るような印象を与えてしまったために
非難や嫌味のコメントが殺到したのかも知れません。

正直、私のような特に妊活もしていない一般女性であれば、普通に

「おめでとう!!!」

といえるところが、素直に祝福できない。複雑な感情を読者に与えてしまったのでしょうね。

普通の個人のブログであれば、それで良しだったところが、
芸能人のブログは、元々自身の内容をファンのみなさんに公開して、交流を深める場であったりもするので
表現には気をつけないといけないので大変ですよね。

おめでたいことなので、それに少しでも「あやかる」という行動に出ることができれば、
また全然違ってくるはずなのに、なんて考えてしまいます。

この辺の問題は、難しくて、繊細な問題ですが、相手の幸せを喜んであげられる余裕をもてる様になれば
もしかすると、自分も妊活卒業できるかも知れないですよね。

妊活は終了でも、子育てはスタートです。これからが大変になると思いますが
保田さんには、ぜひ育児Lifeを満喫して欲しいです。

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする