西野 亮廣さんのレターポット解説

西野さんのレターポット解説が、ゆるい感じの割には分かりやすかったので、
こちらに掲載いたしました。

レターポット解説:キングコング 西野 亮廣 さん

レターポットのコンセプトと解説は分かりやすく言うと下記7項目になります。

  1. 食べきれない差し入れや、使えないプレゼントを断る自由がない
  2. 贈り物には、贈り手側の時間と労力(=気持ち)が大事なのでお金だけでは少し寂しい
  3. お金に、時間と労力(=気持ち)を乗せて可視化すると受け取りやすくなる
  4. レターポット(Letterpot)を使って文字数で、時間と労力(=気持ち)を測れるようにする
  5. 実際に文字を購入して、レターを贈る。贈られた文字数を使って別の人に贈ることができる
  6. 買わなくても知らない人から贈ってもらうこともできる
  7. 贈った側は、めぐりめぐって自分に返って来る

贈り物とはどういうものか、何を贈るかより、どれだけ相手のことを思っていたかという
労力であるということ、またそれが可視化すれば相手は喜んで受け取ってくれる
というコンセプトです。

そんなに難しい話ではないですが、いざこれを一般的に広めるとなると
換金手段(ここで言う換金は現金化ではない)があいまい、または予測不能なので
そこが、一気に広めることができない原因になっているような気がします。

でもこの世の中、このようなプラットフォームがあればそれはどのように利用するかは
利用者側考えられる時代です。

レターポットを利用したサービスというのも活性化されたら良いですね。

※レターポット関連の記事はこちらにありますのであわせてご覧ください。

関連記事:
キングコング西野が成人式をプレゼント!?新たな革命 レターポットとは?
キンコン西野のレターポットを解説 換金方法や評判は?
キンコン西野のLetterpot(レターポット)に対する批判について考える

 レターポットの登録はこちら

ブログのご意見ご感想、批判(?!)もお待ちしております。

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする