カリスマ学研究家 渋谷文武ってどんな人?経歴は?【ホメちぎり】

こんにちは、桜です。

最近、芸能人が改めて大学入試を志したり、
スマホで勉強できる環境が増えたり、
勉強そのものが、テレビの番組になったりと、

教育現場も変革してきているように感じます。

実際に、

「今でしょ?」で人気の林修先生、
「サイエンスプロデューサー」のでんじろう先生、
「しくじり先生」で偉人のしくじりをコミカルに解説する
オリエンタルラジオの中田敦彦さん、などなど、

学生現役時代に聞きたかったわー、という勉強になる話が話題になっています。

なぜ、こういうことが起こっているのか。

実は教育業界にエンターテイメントの要素が加わってきたためです。

その、インテリジェント+エンターテイメント を融合させ、

インタメ

という造語も作った、インタメプロダクション創業者 カリスマ学研研究家(カリスマ講師)
渋谷文武先生をご紹介します。

渋谷文武プロフィール

FS032
出典:渋谷文武オフィシャルブログ

サラリーマン時代、就職情報会社で新卒採用の求人広告およびコンサルティング業務に従事。北海道に転勤になり、支社開設、市場作りを任される。

そこで「カリスマ」と「エンターテイメント」を研究し独自メソッドを開発。
自らカリスマ就職講師になり、毎回300席の就職セミナーが満員になるほどの人気に。

2007年に独立し、「株式会社キャリアセンター」を設立。

不人気業界や企業のコンサルティングを行い、応募者を2倍~10倍にまで増やし
人気企業に転換させた実績あり。

スポンサードリンク

2011年 カリスマ養成クラブ(現「インタメクラブ」)を設立

セミナー集客手法や、人の心を揺さぶるセミナーの組み立て方などのノウハウを伝授。
教育市場にエンターテイメントとマーケティングを組み合わせたビジネス手法で、
現在も活躍中。

著書に、
「カリスマ講師THEバイブル」(イマジン、サンクチュアリ出版)
「マインドマップ内定術」(日本経済新聞出版社)などがある。

エンターテイメント・教育・ビジネス の融合 = インタメ

今でこそ、エンターテイメント性を持たせた、講義や番組は多くなってきましたが、
渋谷先生が、そこに着目されたのは今から10年ほど前。

実は当時から彼のメールマガジンなどを見ていて、
仕事上、人前で話しをすることも多かったことから
先生のセミナーにも参加したことがありました。

先生のセミナーは、まさにイベントそのものでした。

セミナー開始時に、どーん!とオープニングが流れ、そのオープニング動画に
見とれている間に、気がついたら先生が登場していた。

豪華な椅子に、化粧を施し、カリスマ講師を完全に演出されてました。

そのことにより、ファンができ、そのファンによって更に自身のカリスマ度が向上。

ある種、宗教にも近い雰囲気ができていました。

それぐらい、観客の心をつかみ、集中させ、興奮させ、
カリスマメソッドに触れることで、 いくつもの気づきが生まれる。

そんなセミナーでした。

カリスマは作れる。

要するに、カリスマは持って生まれたものではなく(もちろんそういう人もいますが)、
演出で作ることができるという。そのメソッドを伝授し、クラブ会員がどんどんカリスマ化
していくのを目の当たりにしました。

実際に、隣で座っていた整体師の青年が、関西からわざわざそのセミナーのためだけに
上京されてて、それだけでも本当に驚いたんですが、今では地元ではちょっとした有名な
整体師として活躍されています。

地球上を愛と喜びでいっぱいにする

なんとも臭い台詞ですが、渋谷先生は本気で10年も前から
教育で世の中を愛と喜びの世界を作ろうとされていました。

自分を攻撃しようとする人間にはあえて近づかなくてもいい。
自分で自分を責めることもしなくていい。

そうすれば、罪悪感や無価値感がなくなり自分に自信がもててくる。

ある種、自分を自分でマインドコントロールするかのように、
自分をカリスマの域に昇華させるメソッド。
みなさんも、そんなカリスマの世界を除いてみてはいかがでしょうか。

渋谷文武オフィシャルブログはこちら

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Darlene より:

    Thank you! I am feeling much better and excited to be getting back into shape again!