「珈琲倶楽部 田」の取り組み クラウドファンディングにも挑戦【レターポット推進プロジェクト】

こんにちは、桜です。

以前、レターポットを広めるために
このブログで実際に活用されている方の情報を掲載していこうというプロジェクトを
勝手に立ち上げました。

簡単にいえば、この図のようなフローをまわしていけるようにするということです。

珈琲倶楽部 田(Den) のレターポットに対する取り組み

「珈琲倶楽部 田」は、東京都八王子にある創業36年の老舗喫茶店です。

そこのオーナーである永塚祐士さんがレターポット広めるために、
全国のレターポット払いができるお店を集めた、えんとつ町商店街という
ポータルサイトを立ち上げてらっしゃいます。

レターポットがきっかけで、八王子の町が活性化できたらという想いもあり、
とても意欲的に活動されています。

また、絵本「えんとつ町プペル」の世界観に共感して、とうとう
プペルブレンドという珈琲までつくってしまいました。

今、クラウドファンディングを立ち上げてらっしゃいます。
売上げの一部を、えんとつ町のプペルを施設に寄付するという取り組みです。

えんとつ町のプペルブレンドをフルデザインパッケージにして販売したい!

実は私は大のコーヒー好きです。
お酒よりむしろカフェに行って休憩するほうが大好きなので、
品質にも超こだわったコーヒーを飲んでみたく、
クラウドファンディング初心者ですが永塚さんに支援してみました。

スポンサードリンク

クラウドファンディングは、信用をお金に変換する装置だと、
キングコング西野さんはおっしゃってました。

レターポットはあくまでツールで、そのツールを活用するまでに、
レターポット外でのやり取りが必ず発生します。

レターポットは、そのやり取りの結果「ありがとう」を可視化するための
ある種メジャーです。

だからレターポットは、やり取りしたレター数だけじゃなく、
やり取りした人の数も表示されているんですね。

そういう私もまだまだです。

やりたいことはいっぱいあるのになかなか時間が作れない
というもどかしさがありますが、少しでも時間を見つけては
自分ができることをやれたらと思っています。

私は、何かデザインができるわけでも、商売をしているわけでもないです。

でも、このブログによって少しでも、長塚さんの取り組みが、またレターポットの活用が
世間の目に触れることに貢献できれば、とても光栄だと思っています。

レターポット推進プロジェクト の詳細

レターポットを広めるために自分は何ができるのか、勝手に考えてみた

みなさんのご意見、ご感想いただければとってもうれしいです。

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする