「レターポット商店」で商品を譲り合いGive & Give を実現【レターポット推進プロジェクト】

こんにちは、桜です。

以前、レターポットを広めるために
このブログで実際に活用されている方の情報を掲載していこうというプロジェクトを
勝手に立ち上げました。

簡単にいえば、この図のようなフローをまわしていけるようにするということです。

レターのやりとりのみで商品を譲りあう「LetterPot商店」

「レターポット商店」と言いつつも、お金のやり取りはまったく発生しません。

商品をWebに掲載して、そこにある商品を欲しいと思ったら出品者にレターで連絡
というとってもシンプルな仕組みです。

売買が発生するわけではなく、あくまでやり取りをレターポットでするだけなので、
このやり取りをきっかけにレターポットの輪が広まると素敵ですね。

私は結構レターポットを知っている方だと自負してたんですがこんな活動があることは
知らなかったです。

ご家庭にある、不要な品。でも捨てるのはちょっともったいないな、という時は
ちょっと遊び感覚でLetterPot 商店に出品するのもおもしろいですね。

れたぽ商店 歌舞伎式会社 の 「creator’sfile」

そもそも「歌舞伎式会社」とは?というところから突っ込みたいですね。

れたぽ商店舞伎式会社は所属されているクリエイターの方々の応援をされてます。

株式会社ではなく歌舞伎式会社なので、
クリエイターがどれだけ「歌舞いているか」というところをみて
歌舞いているクリエイターさんにはどんどん支援していこうという会社です。

スポンサードリンク

そして、そのお給料はなんとレターポットでお支払い。

所属クリエイターさんがどれだけ支援や支持をされているか(要は信用度が高いか)
というところをみてお給料が支払われるそう。

まさに

これからの世の中はお金より信用だ!

という、西野亮廣さんの言葉を、どストレートに活動されている会社で、
本当におもしろいなと思いました。

ちょっと私も入ってみたい・・・なんて思ったんですが、

クリエイティブな要素は全く持ち合わせていない私は
こうやって応援するしか芸がないなと、ちょっとがっかり。

でも、レターポットはおもしろい!という気持ちは同じなので、
形は変われど、レターポットを広めていく活動は続けていきたいと思っています。

レターポット推進プロジェクト の詳細

レターポットを広めるために自分は何ができるのか、勝手に考えてみた

みなさんのご意見、ご感想いただければとってもうれしいです。

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする