芸人がとうとうビジネスの領域へ Eテレの新番組初回は和牛【芸人先生】

こんにちは、桜です。

今日から新年度ですね。新入生・新卒などが新しい環境に飛び込んだり
既存の方も異動して新しい環境に飛び込むシーズン。

テレビも新番組が続々スタートしてきてますが、
今超気になるのは、NHK Eテレ「芸人先生」(4月2日23時スタート)です。

第1回目は2年連続M1準優勝の「和牛」×飲料メーカー

しかも前編だそうです。これはかなり濃い番組になりそうですね。

芸人が教壇に立つ時代

一昔前だと、芸人はいわゆる芸人で、視聴者に対していかに笑ってもらうか
ということが本職だったと思います。

もちろん、今でも基本変わらないですが、
おもしろおかしく、勉強を教えたり、
ビジネスを解説したり、
そういう、教育の分野にエンターテイメントの色がどんどん入ってきたのが
今の時代のように感じます。

私は、キングコング西野さんが手がけられているレターポットの記事を
比較的書いていますが、その西野さんが校長として開催されている
ライブ(?)に「サーカス」というのがあります。

おもしろい先生ばかりが集まる学校「SA-CUS」

〜3月3日の出演者〜
《校長》 西野亮廣(キングコング)
《先生》
中田敦彦(オリエンタルラジオ)
村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
岡田斗司夫
山川咲(株式会社CRAZY)
須﨑大(QREATOR AGENT)

毎回秒殺でチケット完売する超人気エンターテイメント。
でも、ここで話しをするのは面白おかしくも比較的まじめな話。

その他にも、人気番組に「しくじり先生」って言う番組がありますよね。
タレントさんの失敗談を赤裸々に話してもらうことにより
より深い人生を送るための反面教師として話しを聞く番組。

ここのコーナーの特にオリエンタルラジオの中田さんの、
「しくじり偉人伝」が大好きです。

他には、もっともっとビジネスよりですが、
やはりインテリジェンスにエンターテイメントは重要だと10年も前から
おっしゃってらっしゃる、
カリスマ学研究家 渋谷文武先生のような方がいらっしゃったり、

ちょっと古いですが、エグスプロージョンの「本能寺の変」なんて
有名になりましたよね。

これらみんな、ちょっと前までは「お勉強」の領域でした。

それが、楽しくお勉強して覚えてしまおう!という流れが活発になり、

勉強って楽しい!

なんていう風潮ができてきましたが、これからはとうとうビジネスの世界に!

エンターテイメントという、人間の感覚(特に快楽に近い感覚)を
ダイレクトに刺激することで脳を活性化させるというのは
ある意味とても効率的な学習方法かも知れません。

勉強も、仕事もおもしろい時代がやってきます。

この番組は、結構注目ですよ。

みなさんのご意見、ご感想いただければとってもうれしいです。

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする