子育てをカウントダウンすると今一瞬がとっても尊い時間に感じます:ステージ1【桜のちょっと変わった育児論】

こんにちは、桜です。

子育てと一言で言っても、赤ちゃんから小学校、中学高校もギリギリ入るかな?
それぐらい幅広い。

それぞれのステージで悩みがあります。でも、子育ての時間って本当はとっても尊いもの。

これも考え方ひとつで全く子供との向き合い方が変わってきます。

ステージ1:乳児期 (0歳~2歳)

この時期って、ママも新米(またはお久しぶり)な時期で、子供も、とにかくかわいい。
ちょっとでも意思疎通ができただけで、ただただうれしい時期。日々新しいことが出来て目が離せません。

でも、夜泣きはするわ、目を離すとあぶなわ、いろんなもの口にいれるわ、何を求めてるかも微妙に分からないし

イライラ、イライラ・・・

とはいえ、純粋に、ママを、パパを、求めてくるのもこの時期の醍醐味。

だから疲れた時に、考えてみてください。

3歳の誕生日まであと何ヶ月?

授乳している人は、卒乳まであと何ヶ月?

保育園・幼稚園入園まであと何ヶ月?

こうやって考えると実はすごく短い。片時も離れずその子と2人の時間を楽しめるのって、
人生の中でもほんの一瞬。

だから私は、卒乳は2歳半でした。できればいつまでも飲ませたかった。

育児本で何歳までに卒乳すべき、とか
卒乳するために、おっぱいに絵をかいたり、からしを塗ったりして無理やりやめさせたり・・・。

そこまでして、卒乳する必要あるのかな?と思ったりします。

おっぱいが出なくて、卒乳を余儀なくされる人ももちろんいると思いますが、
十分に母乳が出るのであれば、好きなだけ飲ませてあげればいいというのが
桜の持論。

だって、授乳の時間って本当に幸せだと思いませんか?

そして授乳中はとっても静か(当たり前ですが)

そしてそのまま寝ちゃうこともある。

子供はうっとりとしながら、すやすや寝てしまうんです。
こんなに癒し癒される時間って他にありますか?

この時期の子供の成長曲線は、人の人生の中でも一番目まぐるしいとき。

寝返りをうったら、じっとその場で寝ている時期はもう来ない。

ハイハイし始めたら、ゴロゴロしていた時期はもう来ない。

つたないしゃべり方も、きちんと話せるようになったらもう言えない。

もう、昨日には戻れないんです。

そう考えると、今この一瞬一瞬がどんなに貴重で尊いか。
その体験ができていることがどんなに幸せか。

おのずとありがたみが分かってくると思います。

家事よりなにより、今、子供とこの一瞬を楽しむ。

ママのイライラは子供にとっては何もいいことはありませんよ。だったら、ママが楽しめばいいんですよ。

育児本に振り回されて、上手くいかないと子供にあたって自己嫌悪。

そんなこと、子供にとって良いわけないですよね。

次回は、ステージ2です。

みなさんのご意見・ご感想お待ちしてます!

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする