お母さんは心配性です【桜のちょっと変わった育児論】

こんにちは、桜です。

とうとう冬休みに入ってしまいましたねー。
ワーキングママとしては、この夏休みとか冬休みというのがまた少し恐怖!

そこで、もう小学生なんだし、一人で飛行機で実家に帰してみました。

できる?できない?子供のひとり旅

冬休みに入ったのですが、私も主人も仕事があるため、
初めて子供一人で飛行機に載せて実家に帰してみました。

子供自身は、何とも思っておらず、

「楽しかったー。ずーっと景色見てたよ」

というレベルだったんですが、Facebookにそれを掲載したところ

うちは無理だ―。一人で飛行機なんてすごいねー。

という意見をいくつかいただきました。

確かに心配です。特にうちの娘は結構ぼーっとしているので不安ではありました。

でもそれでもやらせるのは、むしろ私が超心配性だからなんだと思いました。

何かあった時のどうする?

新しいことを子供にチャレンジさせるときに、気になる事

「子供に何かあったらどうしよう」

だと思います。

何かあったら。何かは分からないけど行かせなきゃよかったと思うことが起こったら・・・。

そう考えると尻込みしてしまいますが、私が考える心配はむしろこっち

私に何かあったらどうしよう

です。

私が不慮の事故などで突然子供のそばにいられなくなったら、
子供はどうやって生きていったいいんだろう。

ママがいなくても幸せに暮らしていけるだろうか。

そんなことばっかり考えてます。

いくらママが若くたって、健康だからって、子供の一生の面倒を見ることはできないです。

子供の世話を焼くことも、いろいろ教えて素直に聞いてくれるのも本当に短い時間しかないんです。

その短い時間で、少しずつ少しずつ

人との関わり方を身に着けさせたり、色んな知識を教えたり、いろんな経験をさせたりしたいんです。

何も知らないと何もできない、やる発想すら起こらない。

だから、機会があれば積極的に挑戦させたいと思っています。

ある程度大きくなって、いきなりハードルの高いことをやらせるのではなく。

ちょっと頑張ればできる小さな挑戦をたくさん、たくさん経験して、気が付けば、高いハードルも
軽々飛び越えられる、そういう強い子になってほしいと思っています。

過保護に育てるのは、子供の成長の妨げになっている可能性すらあります。

その時にふと立ち止まって見てください。

あえて、一人でやらせてそれを見守る。

時間もかかるし、イライラすることもある(実際私はイライラしっぱなし・・・)だけど、

それでも挑戦する機会を奪ってしまうのは、長い目で見ると子供の経験を1つ奪うことになるのかなって。

だから、機会があれば、チャレンジさせていけばいいと思います。
ちょっとした小さな成功が、子供にはすごく大きな自信につながることだってあるんです。

成功体験が多くなればなるほど、さらにいろんなことにチャレンジできるようになり、
自己肯定が強くなり、人と比較したりせず、自分というものをしっかり持って生きていけるんじゃないかなと思っています。

いつか、私がいなくても幸せに生きていけるように願って・・・。

みなさんのご意見・ご感想お待ちしてます!

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする