会社が買収されてしまいました

こんにちは、桜です。

ずいぶんお久しぶりになりました。やっぱりブログって書き続けるのって大変ですよね。

今、このブログの方向性もどうやっていこうかなぁと思っている所ですが、
実は私、
色々チャレンジをしようとおもっていまして、それを綴っていくというのも悪くないのかなと思うようになりました。

そんな中でこんなニュースです。

会社が買収されてしまいました

外資系に勤めていらっしゃる方は比較的普通に起こる出来事かも知れません。
それでも、買収「された」側になると色々不安になりますよね。珍しいことではないとは言えやっぱりショックですよ。

私は今の会社に入るまで、ずーっと日本企業だったので、それはそれは衝撃的でした。

今回の買収だけではなく、今までもずっと、

「あの人が辞めた、この人が消えた」

というのが日常茶飯時。

会社内の雰囲気も良くないし、みんなおびえながら仕事しています。

買収なんてされたらもう、定時過ぎたら(いや定時前から)人がいない!!

仕事が回らなくなるとか、そういう事を言ってられなくて、自分の今後の身の振り方を考えざるを得ない状況に追いやられるのです。

自分の人生を見つめなおす機会に

外資系の会社って、役割分担が明確なので、自分の業務範疇外のことはやれない。

会社にもよるかも知れませんが私の会社はそうでした。

そして、自分ではどうすることもできない力であっさりポジションがクローズされる。

役割に人が割り当てられるので、役割がなくなったじてんでサヨナラです。

そんな日常って、少なくとも私はしんどかったですね。

私はやっぱりチームで動きたい。一人一人が個人商店になって自分の評価を上げるためにはなんだってする、というモチベーションにはあまりなれない。

私は何をしたいんだろう

そういう事を真剣に考えるようになりました。

実は買収事件の前から少しずつ考えてたんです。

人に喜ばれる仕事をしたい。社会の問題解決をしたい。

それを今まで培ってきたITスキルを活用できないか。

そんなことを考えながら、ゆるーく動いていると、自分の周りが少しずつ動き出してきたんです。

行動を起こすって大事ですね。あと、漠然としててもいいので

声に出して人に話してみる

っていうのとっても大事。

実は、今回の買収の件の前から自分が自分らしくあるためにはどういった仕事がいいのかっていうのを考えながら、

人に話をして自分で反芻し、

具体的に考えるようになり、

人からアドバイスをもらうようになり

結果、お仕事の紹介までしてもらえるようになりました。

次回は具体的に私が目指そうとしていることを少しずつお話していこうと思ってます。

ブログに書くこと!これも目標を具体化させる手段だったりして(笑)

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする