天才みやぞん、スポーツ万能なのになぜお笑いに?【金スマ】

今年数々のバラエティに引っ張りだこで間違いなくブレイク真っ只中の
お笑いコンビ ANZEN漫才の みやぞん

ANZEN漫才 ANZEN漫才のみやぞん(左)あらぽん(右)

実は、ご実家がとても貧乏だったそうです。
幼少期は6畳1間にお母さんとお姉さんたち合わせて6人で住んでいたそう。

大好きなカレーももちろんお肉はなく、ルーもひとかけらで6人前作るという筋金入り貧乏。

そんな幼少期をすごしていたにも関わらず、いろんな特技を持ってます。

みやぞんの特技

「しゃべくり007」 で披露してて、地味にすごいなと思ったのが
花の名前を言えること。

結局よく分からない花の名前全て言い当てました。
どうもお母さんがお花屋さんに勤めていたことがきっかけらしい。

中学時代はテニス部に所属、地元の足立区で準優勝

今度は野球。エースで4番。荒川商業高等学校出身で甲子園出場の経験も。
実は野球というスポーツはあまり貧乏だとやっていけないイメージがあったのですが、
それは、お母さんのサポートがあってこそだったとか。

次は、ボクシング。パンチ力223kg ってどんだけ?

スポンサードリンク

脇の下になべをはさんでつぶすことができたり、

耳コピでギターやピアノも弾いてしまう多才ぶり。

何をやっても一流の彼がなぜ、お笑い芸人をやっているのでしょう?

お笑い芸人になるきっかけとは?

保育園から幼馴染だった、みやぞん と あらぽん。

中学卒業の頃に あらぽん からお笑い界に誘ったそうです。

卒業文集には「将来、漫才コンビかバンドを組みたい」と言っていたらしいです。

普通だったら考えられないですよね。

テニスで区で準優勝する人ですよ?この頃から本当に仲良しだったんですね。

高校では野球部に入ってエースになり甲子園。130km/hもの球を投げてたらしいです。
もちろん大学などからもスカウトがあったそうですが、上下関係がいやだとあっさりお断り。

自由すぎるみやぞんは、その後ANZEN漫才としてあらぽんとコンビを組みますが。

なぜ安全なのかというと

人を傷つけない、悪口言わない、下ネタ言わない

というところから、安全としているそうです。

なんか、ほんわかしている人柄からもなんとなく分かります。

みやぞんブレイクのきっかけはあらぽんにあった!

実は、ライブなどのネタは全てあらぽんが考えているそう。
更にそのネタは、本番までみやぞんに教えないらしいです。

みやぞんのいいところは、天然で、素のリアクションが面白いところ。

だから、ライブの時はただそこにいて自然な反応をしてくれればそれだけで面白いという
あらぽんの戦略だったんです。

保育園の時からの友達だからこそ、みやぞんのいいところを全て理解して、
笑いにつなげる。

だって、きっと普段から面白い人だから。

そんな、みやぞんもそのままあらぽんに任せて自由に仕事をしている。

コンビ愛ですね。その部分もとってもANZENですね。

スポンサーリンク




data-ad-format=”rectangle”>




data-ad-format=”rectangle”>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする